スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
返ってきた野口英世
 幼稚園の年長の冬から小学校五年生の冬まで、父親の仕事の関係でアメリカで暮らしていた。そこでは移動手段として自転車は全く考えられず、免許を持てる年齢になるまでは、どこにいくにも親の送り迎えが必要だった。
 日本に帰ってきて、自転車に乗ることができなかった私は、自転車で公園に向かう友人たちを必死に走って追いかけた。乗れるようになったのは、日本に帰ってきて初めて迎える夏だった。いつもの放課後の野球の時間を私の自転車の練習に使ってくれた。
 
 もともと運動神経が悪くなかったからか、二日間合計五時間ほどの練習でほぼ完璧に乗れるようになった。この五時間の中に、多くの子供たちが経験する「手絶対話さないでよ」、「止まらない。止まらない」、「乗れた!乗れた!」が凝縮されていた。どんなに長く自転車に乗っていなくてもこの感覚を忘れないのは不思議だ。
 
 友人の自転車を練習用に使って、乗れるようになり、ようやく自分のマイ自転車を買うときがきた。親は自転車を買ってくれることはなく、私は頑張ってためたお小遣いの中から支払うことに。当時お小遣いが年齢×100円だった私にとって、9000円の自転車は大金だった。
 財布の中から野口英世の束を取り出し、一枚ずつ数えてお店の人に渡した。個人経営の小さな自転車屋のおばあちゃんはお札を九枚数えると、
「頑張って貯めてえらいね」
 そう言って野口英世ちゃんを一枚返してくれた。
 
 十年以上たった今でもこの瞬間を覚えている。嬉しかった。親が福沢諭吉先生で支払っていたら、こんな経験は後にも先にも無かったと思う。おばあちゃんにも、小遣いを試させた親にも感謝している。
 その自転車屋さんがまだ営業しているのか、潰れているのかわからない。あんな経験をさせてくれるチェーン店はないと思う。続いていてくれたら、同じ経験を今の子供たちに与えてくれていたらと思う。

スポンサーサイト
別窓 | エッセイ | コメント:0 | トラックバック:0
201307310040
ビューティフルピープル・パーフェクトワールド
 「好きな人の決める基準はまずは性格で、次は~」このフレーズを中学生、高校生の頃男女問わず、多くの人が聞いたことがあるし、言ったことがあると思う。「好きになる条件?まずは顔に決まっているだろ」とかいったら袋たたきにあう。
 
 ただ現実皆様のご尊顔は、第一印象を決めるうえで大きな役割を果たす。就職活動における履歴書の大学名のような存在で、人をカテゴライズする上でまず最初に目に入るところだ。
 
 現実付き合う上で顔が条件の一位に入る人は少ないと思う。ただ人それぞれの顔の許容範囲が異なり、顔のエントリーシートを通過した人だけが性格や趣味などの選考過程に入ることができる。顔(体型も)は人を判断する上で、切っても切り離せない要素だ。
  
 坂井恵理さんの「ビューティフルピープル・パーフェクトワールド」は美容整形技術が高度に発展し、誰もが気軽に容姿を美しく変身、いや改造できるようになった近未来の世界が舞台。人々が内面に抱えた問題をさまざまな角度から描く、オムニバス形式の作品だ。
 
 現実の世界で容姿がもたらす優劣の差は歴然だ。学校では容姿が美しいグループがスクールカーストで上位に入り、そうではないグループは下位に入りがちだ。しかし美容整形技術によって老若男女が関係なくなっても、そこに広がるのは自由ではない。
 顔が選べることによって、より問題が明瞭に浮き上がる。選ぶ自由が与えられることは、不自由でもあり、考える必要性を迫られる。その答えとして「生まれたままの顔が一番」なんというベタな結末をこのマンガは用意しない。正解などは描かれない(誰にもわからない)。
 
 美しいタッチの絵で描かれた、美しい登場人物に溢れた世界が、息苦しさと混ざりあいながら物語られる。ポジティブ過ぎず、ネガティブ過ぎず、絶妙な立ち位置から筆者は私たちに答えのない質問を投げかける。

別窓 | 本読んじゃった | コメント:0 | トラックバック:0
201307281921
| 本を肴に酒を飲む | NEXT>>
copyright © 2006 本を肴に酒を飲む all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。