スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
2013年は本を110冊読みましとさ
 2013年になって読んだ本を毎回手帳にメモするという習慣をつけました。活字中毒になって月に何冊も読んでいる時期もあれば、その逆で全く読んでいない時期も。「本を読まないといけない」という義務感は全くなく、読みたいときに読んでいたら、今年は110冊という結果に。

 「年に100冊本を読む」という目標などがあったら、本来楽しい行為であるはずの読書が楽しくなくなります。自分はたまたま110冊という数字に到達しましたが、自分のペースで読書を楽しむことが一番です。

 それでは今年読んだ本をご紹介。絵本や二回読んだ本も含まれています。

一月
「クラウドクラスターを愛する方法」 「私にふさわしいホテル」 「女子校育ち」 「論理と感性は相反しない」 「不思議の国のペニス」 「星に願いを」 「この世は二人組ではできあがらない」 「若者のホンネ」 「ビッグデータがビジネスを変える」 「文章は写経のように書くのがいい」 「スコーレNo.4」 「100万回生きたねこ」 「本の声を聴け」 「あたらしい書斎」 「abさんご」 「ひらいて」

二月
「春、バーニーズで」 「共喰い」 「きみはポラリス」 「終点のあの子」 「王妃の帰還」 「アンアンのセックスできれいになれた?」 「海を見に行こう」 「夢を売る男」

三月
「憤死」 「人のセックスを笑うな」 「最後の息子」 「ハピネス」 「指先からソーダ」 「お父さん大好き」 「きょうのできごと」 「アニバーサリー」

四月
「本当はちがうんだ日記」 「おんなのことば」 「プロムナード」 「愛の夢とか」 「映画にまつわるxについて」 「あのひとは蜘蛛を潰せない」 「ふたつのマンチェスター 赤と青」 「体は全部知っている」 「14歳の周波数」 「長い終わりが始まる」 「ランチのアッコちゃん」

五月
「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」 「ひなた」 「金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?」 「運命の人はどこですか?」 「ヘヴン」 「カツラ美容室別室」 「社会人大学人見知り学部卒業見込」 「浮世でランチ」 「十七歳だった!」 「泥酔懺悔」

六月
「ニキの屈辱」 「男友だちを作ろう」 「え、なんでまた」 「男と点と線」 「なんらかの事情」 「空の冒険」 「わたしは妊婦」 「晴天の迷いクジラ」

七月
「書いて生きていく プロ文章論」 「恋の聖地」 「野心のすすめ」 「アイドル万華鏡」 「天職」 「世界地図の下書き」 「タモリ論」 「テレビコメンテーター」 「教室内カースト」 「女子をこじらせて」

八月
「だって、女子だもん!!」 「東京ゲストハウス」 「初恋温泉」

九月
「本店巡礼」 「誰も戦争を教えてくれなかった」 「おしゃれの幸福論」 「競争力」 「どうして人はキスをしたくなるんだろう?」 「キュンとしちゃだめですか?」

十月
「伊藤くんA to E」 「5年後、メディアは稼げるのか」 「大地のゲーム」 「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」 「ずっと独身でいるつもり?」 「天国旅行」 「雨のなまえ」 「前進する日もしない日も」 「走る」

十一月
「雑誌の人格」 「マラソンはゆっくり走れば3時間を切れる!」 「ゼロ」 「蔵書の苦しみ」 「人のセックスを笑うな」 「また会う日まで」 「就活エリートの迷走」

十二月
「昼田とハッコウ」 「骨を彩る」 「えろたま」 「蚊がいる」 「本の逆襲」 『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』 「オカマだけどOLやってます。完全版」 「最初の、ひとくち」 「little blue and little yellow」 「しろいろの街の、その骨の体温の」 「職業、ブックライター。」 「百合のリアル」 『「絶望の時代」の希望の恋愛学』

2013年小説ベスト3
一位「人のセックスを笑うな」

二位「しろいろの街の、その骨の体温の」

三位「ひらいて」


2013年エッセイベスト3
一位「ずっと独身でいるつもり?」

二位「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」

三位「泥酔懺悔」


2013年新書ベスト3 
一位「女子校育ち」

二位「就活エリートの迷走」

三位「タモリ論」


2014年も素晴らしい本に出会いますように!!

Twitterやってます!!
スポンサーサイト
別窓 | 本についてのあれこれ | コメント:0 | トラックバック:0
201312311201
フィギュア五輪代表で感じた「考えて」「選ぶ」ことの難しさ
 12月の3連休に行われた全日本フィギュアの結果、2014年のソチオリンピックのフィギュアスケート日本代表が決定した。女子シングルの代表は浅田真央、村上佳菜子、鈴木明子の3人。男子シングルは町田樹、羽生結弦、そして『高橋大輔』の3人だ。
 
 ニュースではそんなに報道されなかったけれども、男子シングルは小塚崇彦ではなく、高橋大輔が代表に選ばれたという結果にもう少し踏み込んでも良かったと思う。たしかに高橋大輔は前回のオリンピックで銅メダルを獲得。加えてケガが治ればまた上位に食い込むポテンシャルを持っている。
 だからといって、小塚選手がすっきりと納得できるとは到底思えない。これは今回のフィギュアスケート日本代表の選考に限ったことではない。他のスポーツでもたくさんこのようなケースが散見される。
 
 一つ目として柔道の日本代表が挙げられる。このスポーツにおいては「過去の実績」が選考に大きな影響を与える。その代表的な例が谷亮子選手だ。長い期間女子48kg級の日本代表に選ばれ続けてきた。
 全日本体重別柔道選手権で優勝できなくても選ばれ、プレッシャーを跳ね除けメダルをとる、あるいは上位に食い込む活躍を見せてきた(ちなみに柔道日本代表はメダルをとって当然という視点は、選手にとって酷だと思う)。結果を出しているとはいえ、選ばれなかった選手は不満だろう。
 
 二つ目は陸上競技のマラソンだ。この競技に関しては「異なるコンディションでの比較」が大きな争点になる。いくつかの代表選考を兼ねたマラソン大会で、2時間何分以下だと自動的に決定。それ以外は「人」によって選考が行われる。
 柔道と大きく異なるのは、天候やコースなどが大会いよって大きく異なるということだ。「今年の福岡国際マラソンは暑かったわりには、タイムがよかった」と「コンディションがめちゃくちゃ良かったにも関わらず、タイムが普通だった」など比べることは非常に難しい。
 
 私は個人的な意見としては、一発選考が最も望ましいと思う。アメリカ合衆国の陸上競技の選考が、そのシステムを採用している。単純に選考会でのベスト3が自動的にオリンピックの代表に選ばれる。この方法だと人種差別、過去の実績などが全く関係なくフェアだ。
 柔道と陸上においては一発勝負という方法が取れる。なぜならどっちが速いか、長いか、強いかなど勝負がはっきりするからだ(柔道に関しては判定のシステムがあるが)。今後選考方法の一つとして導入を考えてもよいのではないかと思う。
 
 さて話を戻してフィギュアスケートの選考について考えてみよう。一発勝負の場合過去の実績やコンディションは関係ない。今回のケースだと、高橋大輔ではなく小塚選手が選ばれる。誰もが納得するかもしれない。
 ただフィギュアスケートは一点難しいところがある。勝ち負けがはっきりとしないところがある。それはお互いが対戦するわけではないからだ。「美しさ」を判定する必要性がある。人が「考えて点数をつける」必要がある。そして最終的に人が「考えて」「選ぶ」必要がある。
 昔シンクロナイズドスイミングで日本代表が鬼のような顔をして演技をしたことがある。シンクロは基本ずっと笑顔で演技することが常識とされていたが、その表情は採点者の心に響き、高得点をたたき出した。ただ評価されなかった可能性も否めない気がする。
 
 結局芸術的な要素が含まれる競技に関しては、公平で誰もが納得できる選考方法なんてないのかもしれない。誰もが納得する「答え」はずっと見つからないままだ。


 
別窓 | 思っちゃった | コメント:0 | トラックバック:0
201312302351
| 本を肴に酒を飲む | NEXT>>
copyright © 2006 本を肴に酒を飲む all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。