スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
にわかで支えられる世界
 「私の方が好き」論争は止まらない。何かに熱狂的なファンは、にわかなファンを基本的に否定している。テレビに出ていたらチャンネルを合わす、関連する商品を購入したことがある程度だけではファンとは認めない。「ライブに一回いったことがある」というレベルだと「は?」という形相だ。
 私の知り合いの某アイドルの熱狂的ファンは、ライブツアーがあるときは会社の有給を使って全国を飛び回っている。北は北海道から、南は沖縄までスチュワーデスのように消息が常に不明だ。その人が着ているファッションはファストファッションが中心で、お昼のコーヒー代も節約して、代わりに給湯室でインスタントコーヒーを作っている。その分ツアーから帰ってくるときには、山のようにツアーグッズを抱えて帰ってくる。
 このレベルに到達して初めてファンと言えると、アイドルの熱狂的ファンのマイフレンドは言う。その人の存在が、そのアイドルのためにあるといっても過言ではない。この「私の方が好き」というくだらない、小さな争いは趣味を問わず、老若男女の間で発生している。

 自分の方が好きということによって、何かを得るわけではない。何かのメリットがあるのかもわからないけれど、私たちは吠えている。こんなこと書いている私だってそうだ。ポールスミスについては誰よりも好きな自信がある。
 スーツ、シャツ、パンツ、タオル、靴、ハンカチなどなどあらゆる商品を持っているし、年に二回ポールスミスさんに会ったりもしているほどだ。コレクションも欠かさずチェックしている。気づいたときには、「俺の方が好き」という馬鹿な言葉が口からこぼれ落ちている。
 
 「私の方が好き」論争の中でよく使われるセリフが一つある。昔から好きだったというセリフ。私は有名になる前から知っていた。映画化決定の帯がつけられる前から知っていた。私は周りと違って、時代を先取りしていたと伝えたい。その辺に虫のように湧いてはすぐにいなくなる「にわか」とは違いますよ、ということを言いたい(私も作家に関しては割と先取りしている自負があるので言いたい)。
 そしてこの「昔から好きだった」というセリフを使う愚か者の中でも大きく二つのグループに分かれる。自分が好きな人なり、何なりが有名・人気になってほしいグループとその逆。前者は多くの人にその魅力を知ってほしい。また共感してほしいという気持ちがそうさせるのだろう。では後者はどうしてだろうか?
 
 マイナーな分野を好きな俺、ニッチなものを好きな俺。そんな俺が好きだから。王道が好きではなく、少しずれたところが好きという自分に惚れている人は多いのではないだろうか(ちなみに私は自分のことが好きで何が悪いと思っている)。
 映画でいえば、最近だとややメジャーになってきているけれど、園子温監督が好きな人とか(俺だ)。ライターさんだと(そもそも特定のライターを覚えている人自体少ない)雨宮まみさん。ニッチであるため趣味があう人は少ないけれど、その代り深く語り合える人がいる。それがいい。

 近い存在でいて欲しいから。これは少し共感ができる。私は本を読むことがべらぼうに好きで、作家さんのツイッターも欠かさずにチェックしている。まだそんなに有名ではない作家の場合リプライも返してくれる。しかしフォロワーが多くなってくると(すなわち世間的に認知され始めると)なかなか全員に返してくれなくなる。少し寂しくなると同時に、自分の好きな作家さんが売れて嬉しいと思う。
 お笑い芸人の有吉さんのようにフォロワーが200万人を超えると、天文学的な数のリプライがくるだろう。有吉さんの場合「死ね」と送ればリプライを返してくれる。あなたの名誉と引き換えに。
 
 今まで路上ライブで身近な存在だった人で、顔も認知してくれていた人が武道館レベルになってくると一瞬にして、雲の上の存在になってしまう。先日渋谷でいい感じの歌声が聞こえてきて観に行くと「おつかれーず」という三人組が路上ライブをしていた。フジテレビの「奇跡体験!アンビリーバボー」のエンディングテーマを歌っているグループらしい。まだまだ無名だけれど固定のファンがついているようだった。個人的にもかなり好きになって、一瞬にして引き込まれてしまった。
 今「おつかれーず」を熱狂的に応援している人は身近な存在でいてほしいと思っているのかもしれない。ただやっぱりファンとしては有名になることをプッシュしてほしい。当事者は絶対により成功したいと思っているはずだ。
 路上ライブを中心に、たまに小さな箱で演奏するだけで人生を終わらせたくないと思っているに違いない。世間的に認知されることによって、にわかが増えることによってアーティストは成長していく。それと同時に金銭的にも継続できる。
 
 同じものを好きという気持ちを大切にしたらいいと私は思う。多少の差はあれど、仲良くしたらお互い幸せになれる。同じものを好きっていうだけで、深い仲になれる。ただ好きな人が、恋人にしたい人が被った場合はどうしたものか。答えは見つからない。


おつかれーずの公式サイトはこちら!!
 
スポンサーサイト
別窓 | エッセイ | コメント:0 | トラックバック:0
201308090054
<<2013年8月に読んだ本 | 本を肴に酒を飲む | 2013年7月に読んだ本>>
この記事のコメント:
COMMENT
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


TRACKBACK
| 本を肴に酒を飲む |
copyright © 2006 本を肴に酒を飲む all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。