スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
2013年8月に読んだ本
2013年に読んだ本:75冊
8月に読んだ本:3冊

 
 8月は2週間ほど国外に出張だったため、読んだ本はわずかに3冊。電子書籍だと嵩張らずに大量の本を持ち歩けるのは、旅行にはもってこいだと思いました。ただどうもまだ電子書籍の購入に踏み切れません、なぜかはわかりませんが。ちなみに新聞は朝日新聞デジタルを利用していますが、かなり便利です。

「雨宮まみ対談集 だって、女子だもん!!」雨宮まみ
 先月読んだ「女子をこじらせて」にて雨宮まみさんにハマって、即座にネットでポチっと購入したのがこの一冊。峰なゆかさん、湯山玲子さん、能町みね子さん、小島慶子さん、おかざき真理さん5人それぞれとのトークをまとめたものになります。

「東京ゲストハウス」角田光代
 「悪人」、「八日目の蝉」などで有名な直木賞作家、角田光代さんの青春小説。アジア放浪の半年の旅から帰ると、恋人は他の男と暮らしていた…。そんな僕は旅で知り合った女性の一軒家に転がり込む。そこは社会と現実との間のキャンプ地のような場所。
「東京ゲストハウス」に関する記事はこちらから

「初恋温泉」吉田修一
 長編も面白いが、短編集も面白いのが吉田修一さん。「日曜日たち」では見事な連作短編集を披露してくれる。「初恋温泉」では温泉を舞台とした短編が流れていく。不倫を重ねる同級生、親に嘘をついて初外泊をする高校生カップルなどなど五組の男女が日常を離れた舞台で自分の気持ち、相手の気持ちを汲み取る。

 あんまり読書の時間は多くないですが、読みたい本は増えていくばかり。積読がたまりまくっているので、9月は消化していきたいと思います。



スポンサーサイト
別窓 | 思っちゃった | コメント:0 | トラックバック:0
201309012147
<<東京ゲストハウス | 本を肴に酒を飲む | にわかで支えられる世界>>
この記事のコメント:
COMMENT
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


TRACKBACK
| 本を肴に酒を飲む |
copyright © 2006 本を肴に酒を飲む all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。