スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
全国飲食チェーン本店巡礼 ルーツをめぐる旅
 小学生の頃、私は父の仕事の関係で、アメリカに5年間暮らしていた。そこで食べたマクドナルドは日本と同じ商品でも、少し違っていた。例えば経済指標の一つにも使われるビッグマックでさえ、国によって大きく違う。
 日本のビッグマックを基準とすると、アメリカのビッグマックは少し大きく、脂肪分が多い。アメリカ人が大好きなようにできている。早い、上手い、でかい、デブる。
 一方海外旅行で訪れたパリのビッグマックは、日本のそれと比べてパサパサとしていた。欧米人は唾液の分泌量が日本人よりも確か多いので、その違いを考慮しているのだろう。フランスパンなどパサパサのものが多いのも、その一因かもしれない。

 料理は同じ料理であっても、国によってその味は異なり、当然地域によっても味は大きく異なる。福岡出身の私にとって、東京のしょうゆラーメンのスープはしょうゆを飲んでいるようなもので、とても食えたものではない。
 チェーン店によっては、地域によって味を変えることがある。うどんやそばのチェーン店は地域によってだしを変えている。しかしながら同じ地域の、同じチェーン店にもかかわらず、店舗によって味が異なることがある。
 
 テクノ系のコンポーザー、リミキサー、DJとして活躍するBUBBLEさんはラーメンチェーンの天下一品・総本店を訪れた時、体に電流が走った。「何かが違う!」スープの味が他の店舗と違うように感じたそうだ。
 この体験がきっかけで、BUBBLE-Bさんは日本全国の本店や1号店をめぐる旅に出る。天下一品で感じた本店ミラクルが、他の本店や1号店でも起きている、そう思って。本書は北は北海道(びっくりドンキー)、南は長崎(リンガーハット)まで49ものチェーン店の様子がリアルに描かれている。チェーン店によってその店舗の「らしさ」は異なる。他の店舗と全く変わらない1号店もあれば、看板が昔の古いロゴが使われている1号店、店内に創業者が紹介されている新聞記事が掲げられている1号店など様々だ。
 
 この旅を敢行する根性が凄いと私は思う。1号店に行くために、高速道路に乗ったり、新幹線を使うこともある。はるばる香川県まで行って、地元の美味しい讃岐うどん屋さんが街中にひしめいているなか、はなまるうどんに入ることなんてできるだろうか(パリでビッグマック食べた私もどうかしている)。
 この旅は現在も続いており、BUBBLE-Bさんの「本店の旅」というブログで、最新の本店・1号店情報を知ることができます。いつか雑誌「anan」で「1号店に行ってキレイになる」特集をするような時代が来ると信じて(きっと来ない)、旅は続く。

「本店の旅」のブログはこちらから!!


スポンサーサイト
別窓 | 本読んじゃった | コメント:0 | トラックバック:0
201309071544
<<Quick Japan VOL. 109 | 本を肴に酒を飲む | 初恋温泉>>
この記事のコメント:
COMMENT
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


TRACKBACK
| 本を肴に酒を飲む |
copyright © 2006 本を肴に酒を飲む all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。