スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
2013年9月に読んだ本
2013年に読んだ本:81冊
9月に読んだ本:6冊

 時間ないことは無かったけれど、そんなに本は今月読んでいないなーというのが本音。でもいいんです。変な義務感をもって本を読んでも楽しくないし、折角のいい本も入ってこない。底の空いたグラスにワインを注ぐようなものです。

「本店巡礼」BUBBLE-B
 テクノ系のコンポーザー、リミキサー、DJとして活躍するBUBBLE-Bがラーメンチェーンの天下一品・総本店を訪れた時に、「何かが違う!」スープが他店と違うと感じたそうだ。これがきっかけで、全国のチェーン店の本店・一号店を渡り歩き始め、そのルポをまとめた一冊。

「誰も戦争を教えてくれなかった」古市憲寿
 「朝まで生テレビ!」、「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」、「NEW WEB24」などメディアの露出が多い古市憲寿さんの「誰も戦争を教えてくれなかった」は、古市さん自身が世界の戦争博物館を練り歩いて考えてきた長編の評論だ。著者がハワイで訪れた「アリゾナ・メモリアル」で、国によって歴史の残し方が大きく異なることがきっかけで書かれた一冊。戦争のことをわかった気になっている方にぜひ読んでほしい。

「おしゃれの幸福論」光野桃
 ファッションは難しい。スタイル、雰囲気・オーラ、服、そしてアイデンティティーが融合して初めて「似合う」にたどり着ける。年齢を重ねるにつれて、「似合う」感覚がずれてくる。大人になってオシャレができていない人にとってはバイブルとなりえる。

「競争力」三木谷浩・三木谷良一
 楽天株式会社の代表取締役社長の三木谷浩と父で経済学者である三木谷良一による対談形式のビジネス書。イノベーションからアベノミクスまで幅広い分野について熱く、日本の未来を考えながらトークを広げていく。

「どうして人はキスをしたくなるんだろう?」みうらじゅん・宮藤官九郎
「the くだらない」本の代表格と言える一冊。「ゆるキャラ」という言葉を作ったみうらじゅんと「あまちゃん」フィーバーを巻き起こした宮藤官九郎による、グダグダで横道にそれまくるけれども、なんだかいい話を聞いたと思わせてくれる対談形式のエッセイ。

「キュンとしちゃだめですか?」 益田ミリ
映画化もされた「すーちゃん」シリーズの著者である益田ミリさんが「キュンとする」シーンをまとめた一冊。別冊文芸春秋掲載されていたもので、かなり本が苦手な人でも読みやすい。あなたが共感できる「キュン」がきっと見つかる。
 
 今月も読んだ本と買った本が変わらずに、積読が減らない。現在積読は7冊、七月に買った本が残っていて、今月買った本をあっという間に読んでいたりする。読みたいときに、読みたいものを読めばいい。変なタレントの食べたいときに、食べたいものを食べる的な感じで。


スポンサーサイト
別窓 | 今月読んだ本 | コメント:0 | トラックバック:0
201309302329
<<土下座したことある? | 本を肴に酒を飲む | プロ野球のビデオ判定にみんなは賛成なの?>>
この記事のコメント:
COMMENT
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


TRACKBACK
| 本を肴に酒を飲む |
copyright © 2006 本を肴に酒を飲む all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。