スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
東京にしがみつく人たち 「花咲さんの就活日記」
 東京の空に花火が舞う。うだるような暑さがつらい夏だが、花火を見ているときは少しだけその暑さを忘れられる。
 
 そんな夏の風物詩の花火を間近で、花火と同じ目線で見ることができる一部の人たちがいる。それはタワーマンションの高層階に住んでいる人たちだ。タワーマンションは基本的に上の階に行けば行くほど、その値段が高くなっていく。つまり空に近い家を借りることができる人は成功者たちだ。
 そして我々一般の人たちは地上から見上げることしかできない。また地面に這いつくばって見ている人たちもいる。それはアメリカンドリームならぬ、東京ドリームを夢見て、小指一本東京という舞台にしがみついている人たちだ。
 
 小野田真央さんの「花咲さんの就活日記」はそんな東京ドリームを諦めきれない一人の女性が主人公のマンガだ。花咲さくらはかつてやよい出版から刊行されているマンガ雑誌、『月刊α』で連載を持っていた。しかしながら担当していた女性編集者の水谷が編集長になると同時に、担当の編集者が変わり上手くいかなくなった。そしてついには連載を自ら辞めた。
 花咲さくらは何度か就職活動を試みるも、マンガ家への未練はたらたら。せっかく面接までたどり着いても、ブッチしてしまう。また奇跡的に内定をもらった会社の初出社日に、どうしても電車に乗ることができずに出勤できなかった。
 
 ホームと電車の間は30cmもない。しかしながらその30cmは花咲さくらにとっては現実と夢の世界を分断する深い深い溝だ。東京ドリームを信じて努力している人がたくさんいる。また諦めて深い深い溝を乗り越えて、一般の会社員としてマジメに働いている人たちもいる。
 どっちが正解なのかわからない。溝を乗り越えて、社畜として働いている人がカッコイイのかもしれないし、貧しい暮らしでも夢をあきらめていない人がカッコイイのかもしれない。私にもその答えはわからないし、きっとこれからも見つからない。


twitterのフォローはこちらから!!



スポンサーサイト
別窓 | マンガ読んじゃった | コメント:0 | トラックバック:0
201312190014
<<第150回芥川賞・直木賞候補作発表!! | 本を肴に酒を飲む | 地獄でなぜ悪い>>
この記事のコメント:
COMMENT
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


TRACKBACK
| 本を肴に酒を飲む |
copyright © 2006 本を肴に酒を飲む all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。