スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
第150回芥川賞・直木賞候補作発表!!
 さてさて今年もやってきました!!文学界最大のお祭りイベントの芥川賞・直木賞の季節。前回の第149回は芥川賞が藤野可織さん(美人ですよねぇ、まじ美人っすよねぇ)の「爪と目」。直木賞は桜木柴乃さんの「ホテルローヤル」でした。
 
 桜木柴乃さんが記者会見の際に着ていたTシャツが、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんが普段ステージなどで着ているものだったため話題になりました。また題名となっている「ホテルローヤル」が実際に桜木さんの北海道の実家が営んでいるラブホテルと同じ名前という衝撃もあり、大ヒットを記録しました。

 さて12月20日にこの二つの賞を主催する文芸春秋より、各賞の候補作が発表されました。ちなみに毎年候補となる作品は5,6冊で毎回一緒という訳ではありません。また受賞作がない回もあり、複数受賞作がある回もあります。

 それでは第150回芥川賞・直木賞の候補作をお知らせします!!

第150回芥川賞受賞作

いとうせいこう「鼻に挟み撃ち」(すばる12月号)
岩城けい「さようなら、オレンジ」(筑摩書房)
小山田浩子「穴」(新潮9月号)
松波太郎「LIFE」(群像7月号)
山下澄人「コルバトントリ」(文学界10月号)


 第149回でいとうせいこうさんは「想像ラジオ」で候補になりましたが受賞ならず。今回はすばるに掲載された「鼻に挟み撃ち」で二回連続候補に選ばれました。別にたくさん候補に選ばれたからといって受賞できるとは限らない。
 
 アカデミー賞でもそうですが、何度もノミネートされてもずっと受賞しない人がいます。芥川賞の場合今回は候補に選ばれていませんが、戌井昭人さん&舞城王太郎さんがそれにあたります。

第150回直木賞受賞作

朝井まかて「恋歌」講談社
伊東潤「王になろうとした男」文藝春秋
千早茜「あとかた」新潮社
姫野カオルコ「昭和の犬」幻冬舎
万城目学「とっぴんぱらりの風太郎」文藝春秋
柚木麻子「伊藤くんAtoE」幻冬舎


 文藝春秋さんが主催だけあって、しっかりと二作候補作に入っていますね。さてさて個人的に応援したいのはなんといっても柚木麻子さんの「伊藤くんAtoE」です。
 この主人公の伊藤くんがまあ簡単にいったらクソみたいなやつです。連作短編集形式でストーリーは進行し、AからEまで5人の人間が伊藤くんに振り回されます。特に最後のEのストーリーはグッとくるものがあって、この物語に深みを持たせます。

 選考委員会は1月16日に、いつも通り築地の料亭新喜楽で開催されます。1階で芥川賞選考会、2階で直木賞選考会が行われますが、終わる時間が毎年異なり、待っている作家さんたちは電話がなるまでドキドキです(落選した場合も電話がかかってくる)。

文藝春秋公式ホームページ
第150回芥川賞
第150回直木賞


芥川賞候補作

直木賞候補作



 


スポンサーサイト
別窓 | 芥川賞・直木賞 | コメント:0 | トラックバック:0
201312210146
<<芥川賞・直木賞VS本屋大賞 | 本を肴に酒を飲む | 東京にしがみつく人たち 「花咲さんの就活日記」>>
この記事のコメント:
COMMENT
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


TRACKBACK
| 本を肴に酒を飲む |
copyright © 2006 本を肴に酒を飲む all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。