スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
恋は長編劇画?連続した四コマ漫画?「異性」
 最近恋人ができたので久しぶりに「異性」というエッセイを読んでみた。本書は作家の角田光代と歌人の穂村弘がリレー形式で男女の恋愛にまつわるアレコレを語ったものを一冊の本にまとめたものだ。
 男女はまず生物学的に身体的特徴が大きく異なる。個人差はあれど、男性の方が背が高く、女性の方が小さい。男性の方が毛深く、女性の方が毛深くない。男性にしか男性器はなく、女性にしか女性器はない。ただただ当たり前のこと。
 
 では恋愛に関する考え方はどうだろうか?互いに考え方や価値観が大きく異なることも、一緒のこともある。‘恋愛カースト制度の呪縛’はそのいい例だろう。これはスクールカーストにも近いことだが、お洒落をして許されるランクと、そうではないランクがある。そしてそうではないランクが、許されるランクの異性と付き合うという天変地異はまず怒らない。
 
 男女の間で考え方が大きく異なる部分は、‘恋愛’そのものの捉え方だ。女性は恋愛という物語を長編劇画で捉え、男性は恋愛という物語を何個も連なった四コマ漫画としてとらえると穂村さんは本書の中で述べている。
 これは四コマだから価値がないというわけではなく、一緒に暮らしていても作中の世界像が全く異なるということだ。女性は長い物語として恋愛を捉えるために、男性からフラれる際に確かな‘理由’を求める。当然好きになる‘理由’も必要だ。
 
 「きみより好きな女ができたから、別れて」には物語がない。納得できないからあきらめきれない。しかし「きみはひとりで生きていける。でも……」には男性は意図していない物語が発生し、女性が納得せざるをえない何かがある。
 
 男女はお互いのことを100%わかりあえない。心の表面的な部分はわかるが、奥底に秘めている心の酸いも甘いもわからずに、一緒の時を過ごしている。本書はそんなことをこっそりと教えてくれる。


twitter:@john615hkt

 
スポンサーサイト
別窓 | 本読んじゃった | コメント:0 | トラックバック:0
201401100026
<<Gが現れたときに朝日新聞デジタルはつかえねー。 | 本を肴に酒を飲む | あおくんときいろちゃん>>
この記事のコメント:
COMMENT
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


TRACKBACK
| 本を肴に酒を飲む |
copyright © 2006 本を肴に酒を飲む all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。