スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
相撲行ったことがある人はわずかなのね…
 唐突ですが、皆様は相撲を見に行ったことがありますか?私は過去3回あります。地元の福岡で2回、東京で1回です。「相撲を見に行ったことがある」と言うと、「一回は見に行ってみたいんだよね」という言葉がよく返ってきます。それか「何が面白いのか全くわからない」という言葉が返ってきます。
 私は福岡で実家暮らしの大学生時代に、親に誘われて(おごってもらって)見にいったところ、意外と臨場感があってハマりました。今では東京に住んでいるので、年に3回は見に行きたいと思っています。
 東京で土日だと満員御礼ですが、平日や地方場所(大阪、名古屋、福岡)だと閑古鳥が鳴いているときが多いです。実際どのくらいの人が相撲を見に行っているのか気になったので、いつも通りインターネットで100人に聞いてみました。

 なんの割り付けもしなかったので、男女比はいつも通り男性が60%を占めるというヒドいパネルです。まあ無料なので文句は言えません。

 続いて、年齢層ですが、これまたなんの割り付けもしていなかったので、40代以上が大多数を占めます。基本的にmixiを利用している人がパネルなのでしょうがないです。

 まず初めに相撲を何回見にいったことがあるのかシンプルに聞いてみました。すると「0回」という答えが89%も占めます。そして1回という答えが7%。まあ要するにほとんどの人が行ったことがないということです。

 そして行ったことがある人のうち、年に1回以上のペースで行っている人は36.4%(11人中4人)。11人という母数なので、断定はできませんが、厳しく見積もっても、1回いけば10%の人が年に1回以上行くファンになるといえるかと思います。
 この最初の“1回”に行かせることが、大切なポイントだと考えます。クソみたいな場所にある路地裏の飲食店の名店も、最初の1回に行くまでは時間がかかりますが、一度はまれば、何回もリピートします。では何が1回目の障壁になっているのでしょうか?

 やはり見に行くのには料金が必要です。観戦するのに最低の料金はいくらかかるのか、行ったことが1度もない人に聞いてみました。
 その結果5000円以上という人が約50%も占めました。実際はイスの自由席だと3600円程度からあります。しかしながら「相撲=高い」というイメージがあるのかもしれません。事実テレビなどで映る座布団の席は一人10000円以上するところも多く、そういうイメージをもたれがちかもしれません。
 多くの外国人観光客や、初心者は会場の上の方にある(そしてテレビに映らない)イス席で観戦しています。遠いのは事実ですが、臨場感や力士がぶつかる音はすごいです。野球観戦も選手たちはとても小さく見えるけれど、臨場感はたっぷりですよね?それと一緒です。
 相撲協会は平日18時に終わらせることを変更することは難しいかもしれません。テレビ中継の関係で、もっと遅い時間に行うことは困難だからです。しかしながら、料金設定やイス席の増加などは、変化させてもいいかと思います。格式ある相撲ですが、ビジネスとしてやっていくには古い常識は捨てていく必要がありそうです。


twitter:@john615hkt


 
スポンサーサイト
別窓 | みんなどう思っているの? | コメント:0 | トラックバック:0
201401251252
<<こんな絵本が大ヒットするイギリスが好きです「自殺うさぎの本」 | 本を肴に酒を飲む | 俺の月収より高い本棚の連続「本棚の本」>>
この記事のコメント:
COMMENT
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


TRACKBACK
| 本を肴に酒を飲む |
copyright © 2006 本を肴に酒を飲む all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。