スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
2013年6月に読んだ本
2013年に読んだ本:61冊
6月に読んだ本:7冊

 
 平日はあまり読めず、土日に読書。月7冊といつもより少なめだけど、何冊目標とか決めたら楽しくなくなるので、マイペースに読んでいく!!

「ニキの屈辱」山崎ナオコーラ
 著者のデビュー作である「人のセックスを笑うな」以来の待望の恋愛小説。人気写真家ニキのアシスタントになったオレは、一歳年下の傲慢な彼女に心をひかれていく。そしてやがて公私ともに振り回されていき…。第145回芥川賞候補作。個人的にいつかは山崎ナオコーラさんに芥川賞受賞してほしい。

「男友達を作ろう」山崎ナオコーラ
 男も女も異性の友達がやっぱり必要なのは間違いない。男女の友情は成り立つのかという議論はおいといて。それは恋愛からの逃避というわけでは決してないはずだ。著者がお笑い芸人、大学生、ミュージシャン、写真家などなど男たちと対談し、それをエッセイにまとめた一冊。

「え、なんでまた」宮藤官九郎
 クドカンワールド炸裂のエッセイです。正直言ってくだらない、でも笑える。現在大ヒット中の朝の連続テレビ小説「あまちゃん」のエピソードがてんこ盛り!!子供とのエピソードを笑える。

「男と点と線」山崎ナオコーラ
 いまもどこかで、世界のどこかで男女が出会い、そして別れている。世界中を舞台にした6つの恋と友情の短編集

「なんらかの事情」岸本佐知子
 第23回講談社エッセイ賞を受賞した「ねにもつタイプ」から6年たって発売された最新エッセイ集。翻訳家の彼女のエッセイ集は人生にとって1ミリもプラスの作用を起こさない。でもクスっと笑えます。

「空の冒険」吉田修一
 こちらも世界を舞台にした短編集および、ANAの機内誌に掲載されていたエッセイが収録されていた一冊。現在映画「さよなら渓谷」が公開されている著者の作品の中では割と読みやすい部類に入る。

「わたしは妊婦」大森兄弟
 妊婦さんは幸せの象徴、そう思っている人は多いのでは?妊婦が周りにいる全ての人に読んでほしい一冊、特に旦那さんはぜひぜひ。あなたのその優しさは正解?


山崎ナオコーラさんの本おそらく全部読んだんじゃないかと。これで全部読んだことがある作家さんは綿矢りさ、朝井リョウ、窪美澄に続いて4人目!!次は柚木麻子さんを揃える、あと二冊。

 
スポンサーサイト
別窓 | 今月読んだ本 | コメント:0 | トラックバック:0
201306302310
<<わたしは妊婦 | 本を肴に酒を飲む | コンプライアンス 服従の心理>>
この記事のコメント:
COMMENT
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


TRACKBACK
| 本を肴に酒を飲む |
copyright © 2006 本を肴に酒を飲む all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。