スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
日傘男子
 夏が終わりを迎え、秋に突入しつつある。さすがに10月になると、夜にパンツ一丁で寝ている風邪をひいてしまう。家の中では全裸の人も、一枚着るといいかもしれない。
 今年の夏は40℃越えの日もあり、猛烈な暑さが日本を襲った。暑さを防ぐためにどのような手段を取っただろうか?一番手っ取り早い方法はクーラーだろう。中にはクーラーを嫌がって、熱中症で死亡する人もいるけれど、もう欠かせないアイテムの一つだ。
 どうしても外に行かなければならないときは、何かしらを身に着けたり、塗ったりして暑さを防ぐ。社会人になってスーツ姿に帽子をかぶるのは男女共にふさわしくない。日焼け止めに関しては、見た目に全く変化が生じないにも関わらず、男性がしていると珍しがられる。日傘はなおさらだ。日傘=女性がするものという方程式が老若男女に刷り込まれている。
 ただ今年の朝日新聞の記事に男性用の日傘の売上が昨年比で3割伸びているという記事が掲載された。確かに朝日新聞だけでなく、テレビを含め多くのメディアが男性用の日傘のニュースを報道していた気がする。ただ実感として、実際に身の回りに日傘を利用している男性の知人がいない。
 現状を知るために、今回も100人の割り付けなしのパネルでインターネット調査を行った。
男性:62人 女性38人
20代:5人 30代:21人 40代:28人 50代:29人 60代以上:17人
相変わらず男性が多めで、年齢層が高めのパネルに自然となっていく。なぜこのような分布になるかは、いつか別の記事で紹介したい。

 まずは日傘男子がありなのか、なしなのか。結果として日傘男子をまずそもそも知らないのが40%もいる。まだまだ日傘男子という言葉が一般的ではないと言える。そしてありなのか、なしなのかでいうと全体の23%、知っている人の中では約38%がありという結果に。

 では男女別にみるとどうだろうか?結果として女性の方が日傘男子に対して肯定的で、男性の方が日傘男子に対して否定的という結果に。ちなみに年齢別でみると、年齢が高くなるにつれ、やや肯定的な意見が多かったが、そんなに大きな差は無かったのでここでは割愛。

 続いて日傘を利用しているか、どうか。普段から利用しているという人は全体の24%。ただ気をつけたいのが、この100人のパネルは男性の方がはるかに多かったので、檀上別に結果をチェックする必要がある。

 結果として女性は60%もの人が実際に利用しているという驚くべき結果に。反対に男性はたったの1.6%、1人という結果に終わった。ただ注目したいのが、男性の14.5%が興味はあるということ。14.5%って結構ビジネスチャンスありなレベルだと考えられる。特に高齢者層で、体力的に直接太陽の光を浴びると苦しい人たちは心の中では「日傘羨ましい」と思っている可能性大だ。

 最後に現在日傘を利用していない人にその理由を聞いてみた。色が濃い順番からトップ3の理由。一位はダントツで「手ぶらがいいから」。確かに男性では、バッグも持たずに、携帯と財布だけポケットにという人が多いのが現状だ。そんな男性に必ず手が片方ふさがる日傘を持たせるハードルは高いかもしれない。
また二位の理由として「日傘は女性がするものだから」がランクイン。やっぱりまだ日傘=女性がするものというイメージが拭いきれないのが現状。ファッションリーダー的男性芸能人がやりだしたら、少しは変わってくるのかもしれない。
 日傘男子が浸透するのはかなり時間がかかりそうだが、プロデューサー巻きみたいな感じで、「何かわからないけれど、これカッコイイじゃん」となって流行する可能性があるかもしれない(たぶんない)。

別窓 | みんなどう思っているの? | コメント:0 | トラックバック:0
201310050144
土下座したことある?
 TBSのドラマ「半沢直樹」が「家政婦のミタ」を超える高視聴率を記録した。私は観ていなかったのだが、twitterで流れる香川照之演じる大和田常務の顔芸が凄い、「倍返しだ」のときの堺雅人の顔が凄い、オカマの片岡愛之助がウケルなどなど観ていない人にも話題だった。
 また毎週聞いているオードリーのオールナイトニッポンで、若林さんがマネをする半沢直樹が面白かったので、本物をチェックしたいと思い、最終回だけ観ることにした。ちなみにあまちゃんは震災当日の話と、最終回だけ視聴した。話題だったので。
 半沢直樹の最終回では、よくわからないけれど、親の仇をとるために、半沢直樹が大和田常務の不正を暴く的な話。最終回に体全体を震えさせながら、不正を認め、取締役の目の前で半沢次長に土下座する姿が衝撃的だった。これが顔芸、いや全身芸かと(ちなみに香川照之さんは素晴らしい俳優なので、「ゆれる」を観て演技力の高さを観てほしい)。
 土下座というのは謝る態度の中でも、最も深いもので、かつ屈辱的なものだ。ただ実際に私が生きてきた中で、土下座を観たことがない。今時「土下座」なるものがまかり通っているのか100人を対象に調査してみた。
まず初めてに今回の調査対象の回答者属性は

男性:75人 女性:25人
20代:1人 30代:20人 40代:44人 50代:24人 60代以上:11人

 今回もmixiリサーチのパネルを利用したので、男性が多く、年齢層がかなり高くなっています。これは20代のパネルがあまり充実していないことがわかる。ちなみに100人規模の調査ではあくまで目安にしかならないので要注意。

まず初めに「土下座」をした経験があるのかどうか。この17%をみなさんはどう感じただろうか?私は「そんなにたくさん!?」という気もしますが、この中に「冗談で土下座」も少し含まれるので(後ほど紹介)実質は10%いかないくらい。それでも確率として高い。

 続いて年齢別の経験率。50代が24人中6人が経験しているし、見たことある人おm多いっていうのが印象的です。40代、30代と若くなるにつれて経験率が減少しているので、少しずつ土下座の文化がフェードアウトしていると考えられる。

 続いて土下座をさせたことがあるのか。「土下座でもしてみるか?」のパターンや「土下座したらお小遣いアップしてあげるーーー」くらいのノリで言っているパターンも考えられるので何とも言えないが、9%って充分高い確率なのかと。

 最後にQ1で「土下座したことがある」と答えた人に、フリーアンサーで誰に、どうしてしたか答えてもらった。水色で塗ってあるのが「謝罪」というニュアンスで土下座をしているものです。冗談などを除けば、だいたい10%弱は経験したことがあると考えられる。
 「土下座で済むなら警察はいらない」と言いますが、いざとなれば最終奥義のように披露する人もいるのかもしれない。土下座がいつごろ生まれたのか、昔から「謝罪」というニュアンスで使われていたか調査してみると面白いかもしれない。


 
別窓 | みんなどう思っているの? | コメント:0 | トラックバック:0
201310020044
<<BACK | 本を肴に酒を飲む | NEXT>>
copyright © 2006 本を肴に酒を飲む all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。