スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
なんで大人は宝くじを買うのか
 お酒やたばこ、加えてギャンブルは「大人が楽しむ物」というイメージが私には子供の頃あった。そしてそれらに没頭する大人たちを、私は子供の頃馬鹿にしてきた。お酒やたばこが無いとイライラする大人たちを身近に見てきた。またギャンブルにのめり込んんで人生を狂わす人もいる。そんな「大人が楽しむ物」に溺れる大人はダメだと思っていた。
 そんな私も24歳の年男。たばこは運動もしていたせいか、一本も吸ったことないし、咥えたこともない。またギャンブルもやったことがない。ただお酒は大好きだ、学生時代に比べて大人しく飲むようになり、たしなむようになった。お酒に溺れて、お金を散財し、家族に捨てられる(まず彼女を作ろう)ようにのめり込むこともない。
 
 もう一つ子供の頃に、「大人は馬鹿だなぁ」と思っていたことがある。それは宝くじだ。大金ではないが、ドリームジャンボのたびに親は10枚ほど購入していた気がする。私は子供の頃は二つの思いで、親が購入するのを見てきた。
 一つ目は、もし一等当選したらどうしようかと妄想することだ。浮かんでくることが家を買う、車を買う、洗濯機を買い替えるくらいの低レベルのことだけだ。でもそれを話すのは楽しい。旅行の計画が楽しいのと同じ感覚だ。
 そして二つ目は「宝くじを買わずに、働けよ」っていう思いだ。一等当選したとき妄想は楽しいが、実際当たる可能性は天文学的な確立なので、実際にお金をかけることは馬鹿馬鹿しいと思っていた。
 
 そんな私も24歳の年男(本日二回目)。現在年に三、四回ほどドリームジャンボを購入している。毎回10枚から20枚ほど有楽町駅に隣接している宝くじ売り場に行っている。あれだけ「働けよ」って思っていたのに、購入するようになったのには理由がある。
 三億円という夢のような金額は一生かけても届かないという現実が、働き始めると気づいてくる。三億円というと、30歳から定年の60歳(65歳までの場合もあるが)まで毎年1000万円稼がなければ到達しない額である。
 そもそも年収1000万円というハードルが高い。社会人のほとんどが1000万円を到達せずに定年を迎える。社会人の平均年収は600万円に到達しない。三億円というのはまさに「ドリーム」だと残念ながら気づいてしまう。
 そのため宝くじファンの多くはほんのわずかばかりの「希望」を購入している。もちろん当たると思って購入している訳ではない。購入から当選番号発表の期間は、お酒を飲んで酔っ払っているような浮遊状態でいられる。その期間だけ夢を見ることを許される。そして当選番号発表当日に、夢から叩きおこされるように、現実に引き戻される。
 
 宝くじは働いていないから買うのではない。働いているから買うんだ。今日も夢を見るために多くの人がジャンボを買いに並んでいる。


 

別窓 | エッセイ | コメント:0 | トラックバック:0
201310121133
刺青天国
 2012年の夏に大阪市で市職員の入れ墨調査が行われた。約3万5000人の市職員が調査され、133人が入れ墨をしていると回答した。また回答を拒否した6人の市職員が処分されたというニュースが報道された。
 市職員を初め、公務員は国民による税金で給料をもらっている。だからこそ、公務員は市民の模範的存在であるとされ、不祥事に対する目が厳しくなる。福岡市職員による飲酒運転事故によって追突された乗用車に乗っていた3児が死亡した事故が大きく報道されたのもそのためだ。
 
 入れ墨に対して、日本においては単なるピアスの延長戦上の存在じゃない(もちろん海外でもピアス的な存在を超えるが)。どちらかという入れ墨は悪、不良のシンボル的な存在としての要素を持っている。入れ墨をすることのハードルが海外よりも高い気がする。
 
 一方アメリカではどうだろう。サンフランシスコに出張に行った際に驚いたことがある。まずサンフランシスコに向かう飛行機で、男性のスチュワート(海外の航空会社では男性のスチュワートの比率が日本より高い)にでっかく入れ墨があった。まずこの時点で日本に長く住んでいた私にとっては衝撃である。接客業をしている人が入れ墨かよ!?って気持ちだ。
 そしれそれに追い打ちをかけるように、入国の際にパスポートをチェックする警察官に衝撃を受けた。デカイ体に拳銃を腰につけ、おまけにでっかい入れ墨が警察官の肩に刻まれていた。よくわからない漢字が刻まれていた気がする。
 「やはり日本とは入れ墨の文化が違うな」と思いながら出張先で仕事をスタートさせた。するとカーテンコールのような出来事が。職場に2歳くらいの小さな女の子が歩いていた。同僚の誰かの姪だそうで、とても可愛らしてオフィスのみんなを和ませていた。誰の姪かと上司に聞き、紹介されたその同僚の男性にはしっかりと入れ墨が。ちなみに圧倒的にその同僚はいい人だ。
 
 まあ日本人が入れ墨をしていたら、知り合いになるのに躊躇するかもしれないが、入れ墨をしている外国人に偏見をもたないでほしい。もちろん個人差によるが、基本的にいい人で溢れている、きっと。


別窓 | エッセイ | コメント:0 | トラックバック:0
201310090008
<<BACK | 本を肴に酒を飲む | NEXT>>
copyright © 2006 本を肴に酒を飲む all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。