スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
エロと芸術は切り離せないですよね「ユリイカ平成25年7月号」
 この世の中に産み落とされる。育てられる。恋をする。結婚をする。新しい子どもを世の中に解き放つ。育て上げる。その子供が恋をする。その子供が結婚をする。孫を世の中に解き放つ。人間という動物はこのような活動を繰り返し、現在まで存続してきた。
 子孫を残していくためには、当然性行為が必要であり、それ以前に恋をし、結婚をすることが基本的に必然だ(必ずしもそうとは限らないが)。性は人生を歩んでいく上で、切っても切り離せない存在だ。そして性の話には当然エロが欠かせない。
 
 もちろん人間、社会のあらゆる側面を抉り出す、文学の世界にも登場している。そのような文学を「女子とエロ・小説篇」という特集でまとめたものが2013年7月号の月刊誌『ユリイカ』だ。
 『ユリイカ』は青土社から刊行されており、誌・批評を中心に文学、思想などを広く扱う芸術総合誌である。ちなみにユリイカとは‘見つけた’を意味する‘Eureka’から来ている。
 
 今回の「女子とエロ・小説篇」はアダルトビデオのような、男性・女性片方だけの性的興奮のために作られたものを特集したものではない。正面から女子とエロに向き合った文学作品を紹介したものである。
 その特集だが、かなり豪華だ。対談だけでも「川上弘美×高橋源一郎」、「山内マリコ×窪美澄」、「村田紗耶香×雨宮まみ」とどれも密度が高い。また短編競作として、第149回芥川賞を受賞した藤野可織、江本純子、木爾チレン、大崎清夏が掲載されている。
 その他にも数多くのこれらの文学作品に関しての批評や、「女子とエロ・小説篇必読本ガイド20」があり、盛りだくさんだ。
 
 表紙がややエッチなイラストで、購入しづらいという印象を受けるかもしれないが、まだネットでも在庫があるようなので、興味がある殿方と貴婦人はぜひチェックしてほしい。

twitterアカウント:@john615hkt



別窓 | 本読んじゃった | コメント:0 | トラックバック:0
201402011312
2014年1月に読んだ本
2014年に読んだ本:10冊
1月に読んだ本:10冊

 仕事の関係で往復1時間10分ほど電車に乗る生活になりました。行きの電車ではスマホで新聞・ビジネス系のオンラインサイトなどを見てニュースなどをチェックしています。そして帰りの電車では読書しています。毎日の往復の時間も積み重なれば、かなりの時間になるので有効に使っていきたいです。

「あまからカルテット」柚木麻子
 第150回直木賞の候補作「伊藤くんA to E」の著者である柚木麻子さんの小説が、2014年で最初に読んだ本。「ランチのアッコちゃん」といい柚木さんの作品の食べ物の描写は、楽しくて美味しそうです。おもわずお腹が空いてしまう。「ランチのアッコちゃん」の続編も出るとのことなので楽しみです。

「祐真朋樹の密かな愉しみ」祐真朋樹
 日本で最も活躍しているスタイリストのエッセイをまとめた一冊。著者はパリコレクションでも、一列目に陣取り、世界でも評価されている人物です。500p以上のエッセイ集はファッションに関するエピソードと著者自身のお洒落な写真で満載。

「異性」角田光代・穂村弘
 久しぶりに彼女ができたので読み返してみた。角田光代さんと穂村弘さんによる恋愛に関するリレーエッセイ。男女で違う恋愛感が読んでいて面白い。著者が2人いる本って売れにくいんだけど、これは別格。

「ウェブで儲ける人と損する人の法則」中川淳一郎
 「ウェブはバカと暇人のもの」で有名な中川淳一郎さんによる新書。「twitterやったら新しいお客さんが来るんでしょ?」と言っている経営者は、この本を読んでネットの現実を知ってほしい。

「ファッションは魔法」山縣良和・坂部三樹郎
服を着る理由は何でしょうか?根本的な理由として、隠さないといけないところを隠すこと。寒い状況、暑い状況に対応するためでしょう。しかしながらそれだけではない。ファッションは自己表現、芸術でもあるとこの本は教えてくれます。

「バージンパンケーキ国分寺」雪舟えま
 タイトルにひかれて読んだ小説。タイトルがひたすら良かった。タイトルだけがね。

「自殺」末井昭
 この本を読んでいている私に自殺願望があるわけではないけれど、近い関係の人が自殺したので読んでみた。「自殺してはダメですよ」と説教くさい本ではなく、あくまで面白い読み物の1つとして読むことができる。

「ニートの歩き方」pha
 いい大学に行って、いい会社に行って、幸せになれる。そんなレールにのった人生から、脱線してしまった人は社会の負け組なのでしょうか?京大卒のスーパーニートが、働かない生き方を紹介します。

「自殺うさぎの本」アンディ・ライリー
 うさぎがひたすら自殺をしまくるイギリスのブラックユーモアたっぷりの絵本。なんとイギリスでは20万部を突破しているらしい。ブラックユーモアがわからない人にとってはただの不謹慎な絵本

「その手をにぎりたい」
 柚木麻子さんの最新作。今月の初めに読んだ「あまからカルテット」と同じくおいしそうな食べ物が出てくる。本書では鮨屋がわりと物語の軸になってくるので、魚の光沢、口の中にひろがる風味などがきめ細かい文章で描かれている。個人的には売れる、売れないかは別として、柚木さん史上ベストの小説だと思う。

 本9冊、絵本1冊とまあまあなペースで読んでいます。仕事の関係でパラパラ読んでいる本を含めるともっと多くなりそう。なんだか小説よりも、ノンフィクションやエッセイの方が今月はよく読んでいる気がする。来月はどうなることやら

twitterアカウント:@john615hkt
別窓 | 今月読んだ本 | コメント:0 | トラックバック:0
201402010351
<<BACK | 本を肴に酒を飲む | NEXT>>
copyright © 2006 本を肴に酒を飲む all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。